人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧



イメージから生まれたモノには後味の深みがあるけど、もしかして 今必要なのはありものを編集した先味の良さ。
自分でイメージしない借り物はオリジナルじゃない。先味だけは旨い。

後味の旨いものは伝わりにくいけど、そうゆうものが作りたいと思っています。

c0199401_07443308.jpg
このシャツは、軍に支給するシャツを作ろうと考えました。

量産される洋服。軍や作業服、医療で使われるものや学校、スポーツ。色々なものがあります。

その多くは、必要な機能と合理的な作りという「条件」をクリアしなくてはいけません。ようするに、簡単に作れて使えるものでなくてはいけません。

僕が作る「ワーク」と名の付くアイテムは、何か過去のワークウエアを編集したものではなく、僕がワークウエアやミリタリーウエアを任されたとして 僕ならどうやってこの「条件」をクリアするか を考えて作り始めます。
c0199401_07451083.jpg
ユニホームとしてのシャツならば、パンツの中にインするはずです。
そうなると、ボックスではなく ラウンドしていないとうまくありません。
ですが、ラウンドした裾を縫うのは ほんの少しだけですが手がかかります。
ようは、時間のロスや個人個人のムラにもつながります。
真っすぐを縫うほうが簡単なのです。だから、Vの字にカットされた裾を思いつくはずです。

日本のブランドは、始末に対してとてもまじめすぎると思います。何でもかんでも、折伏せ縫い パイピング。僕も昔そうでした。このシャツはロック処理で仕上げています。

縫製もバランスもしっかり作る。それはとてもいいことなんです。
ただ 僕らが何でミリタリー物やワークウエアの けしてファッションに向いていない洋服達を取り入れて アンバランスなバランスをいかにファッション的に着地させるかを続けるのかというと、やっぱりファッション的に仕上げていない洋服だからこそ、自分のイメージを使ってアレンジしたり
自分なりの着方でオシャレに着地することが出来た時に楽しいから だと思います。

癖って、ワザとらしいものじゃないほうがイイはずです。
できる限り「いいな」と思ったことの根っこを 僕なりに提案したい。


c0199401_07453175.jpg
ヨークはありません。後ろ身頃のネックをつまんで運動量を作っています。

あわせに対してのボタンの位置がアンバランスですね。説明しません、イメージしてみてください。

オリーブとオフ白の2色あります。素材はいい素材です。気に入ってもらえると思っています。

難しい服を作りたいと思っていないし、難しいと思ってほしいと思ってはいないんです。

ただ、素材は~で裾がVの字になっていて 縫製はロック処理で軽く仕上げています。
ゆったりとした感じのなんちゃらかんちゃらで・・・では、イメージが伝わらないと思うから 書くんです。






by tatamize66 | 2019-04-22 09:12
ワークウエアをワークウエアとして「だけ」提案したい。

だから、洋服屋の洋服として提案しない。働く人の作業服としてだけ提案したい。
「そうゆうコンセプトで始めたんですブランディングとして~」ではなく・・・

過去にブランドを3つのラインに分けたことがあって、だけどすぐにやめてしまった。

理由は、結局洋服屋さんに並べば そんな分け方はタグやプライスの違いだけになってしまうからだ。実際タグも変えていなかったし、あまり理解されていたとは思えなかったのでやめた。

着るものは、人前で良いものであったり、自分のテンションを高めてくれるものであったり。その場所は様々で 適した洋服も様々だ。

だけれども、その多くが洋服屋で扱われていることで 流れとして流れてしまう。洋服屋の扱う洋服は あくまで洋服屋の提案するオシャレな洋服だ。街着だ。
だからいつも、流れていて「本来」ではないこともある。いや、それが最高に健全な洋服屋だし 僕も大好きなんだけど。

デザインして物を作っているので、選ばれる理由を作っているようなものだ。

「誰に選ばれたいか」「何を提案したいか」に対して もっと明確であり
ただ単に「そうゆうイメージって新しいし なんかいいでしょ?コンセプトとして!しかも こちらは買いやすいお値段なんですよ~ 同じブランドのふり幅もできるし 良いブランドイメージで手に取りやすい価格帯のこちら いかがですか?」という よくあるらしいやり方ではなくて

ワークウエア=作業服。 作業服を作業服としてシンプルに。
洋服屋さんで街着として扱われる形ではなく、あくまで仕事着としてだけ提案したい。
だから、必然的に 洋服屋にはない作業着。
 

 

by tatamize66 | 2019-04-19 07:26
c0199401_07320824.jpg
物を「買う」理由は様々だけど、「選ぶ」理由にくっつくのはデザインだと思う。

どこのお店で買うかも同じだと思う。どこで買っても同じ買い物なんてことはない。
適当な場所で買ったら 適当な買い物だと思う。
機能は同じもので 同じメーカーの同じ商品でも、買い物としては「適当」だ。
良い意味でも 悪い意味でもない。適当なものを判断して買う事のほうが多い。

ただ、この店から買いたいと思って買った買い物は 良い買い物だと思う。

日々SNSで商品の入荷と共に、綺麗な写真が流れてくる。
綺麗なコーディネイト写真も流れてくる。
ものすごく綺麗に撮影されている。ものすごく感心してしまう。

僕が販売員だったときは、朝掃除して、レジ金確認して、入荷した商品試着して、大体時間になったら店開けて、それで後はお客さんが来たら 自分の好きなものだけ接客するだけだ。
接客が長くなったら、外に行って煙草を吸って 缶コーヒーをおごって・・・・そんな感じだった。
通販も電話だけだったし
「ブーンの何ページに乗ってるシャツなんですけど・・」「おまちください」で、ダラダラと在庫確認して
電卓で送料込みを計算して その場で口頭で伝えて住所聞いて 現金書留で送ってもらって、それが届いてから発送だった。
バックルームにはスタッフとお客さんの取り置き品が山のようにあった。
返品されるのは よっぽどの場合だけだった。ボタンが付いてないとか。

今は、そんなに暇じゃないんだろうな・・・。
「今日送って 明日届けてください」とか「私~の~ってシャツ持ってるんですけど このシャツは何サイズですか?」とか あるんだろうな。簡単に返品もできるし。


毎日、本当に驚くほどに綺麗に撮影された写真が流れる。
目の保養になる。なんだか、オシャレなお店に行ったみたいな気になる。

色々なお店に、同時にあの商品が届いたんだな~ってわかる。
その中でも、やっぱりこの人のお店から買いたいな~って思う店がある。
結局、それだけの話だと思う。

洋服屋は 昔からカッコいい仕事なんだ。

洋服屋さんは切り取られた写真を売ってるわけじゃないし、商品を売っているだけでもない。
洋服が好きで生きている その洋服屋であるという姿を見せてくれてるんだ。

適当に買われるものをそろえていない。選ばれる理由のあるものを揃えているんだ。しかもその姿は個性的で 素敵でおしゃれ。

なんて格好が良い仕事なんだ。 僕は、洋服が少しぐらい我侭でもいいと思う。







by tatamize66 | 2019-04-03 16:00
←menuへ