HI NECK KNIT

c0199401_1501694.jpg

これからの季節、僕らには欠かせません。


ハイネックのニットが入荷しました。ブリティッシュウール100%

ニットにも色々あります。それぞれ役割が違います。

ボリュームのあるゆったりしたシルエットのもの。ローゲージでざっくりと編まれたゆるい雰囲気のもの。

それに対して、やや体にフィットして1枚では勿論、インナーとして使い勝手の良い一枚。

今回のニットは後者のほう。やはり、『道具』としてのニットはこういったラインの事を言うと思うのです。

c0199401_1514699.jpg


去年の冬が異常に寒かったので、今年は『本当の意味で冬に使えるニット』そうゆうのを作ろうと決めていました。

つまり、『暖かい』のは勿論きちんと『インナーとして着られる物』

その上で当然コーディネイトに必要なもので、格好の良いもの。男心をくすぐる、ワードローブに残せるもの。
c0199401_15503467.jpg

ニットが好きで、今まで色々なニットを着てきました。スウェットやフリースよりも、やはりニットが好きです。さすがに僕もニットは編めませんが・・・。

編み方ひとつにも、色々と理由や意味があったり、様々な色の糸を編みこみ事で生まれる柄には、プリントのようにはいかない『制限』があり、でも実はそのローテクな柄の仕上がり具合が魅力だったりもします。

何といっても、色々な意味で『暖かさ』が感じられる。コーディネイトに『円味(まろみ)』を与えてくれる存在である事がニットの魅力だと思うわけです。

c0199401_1663453.jpg
c0199401_1665840.jpg
c0199401_1672046.jpg


ニットの良さを、十分に味わうためには『天然繊維100%』または『天然繊維同士の混紡』のものを選ぶ。理由は分かりきった事です。

ウール100%なら、ややザラっとした手触り。苦手な人には無理にお勧めしないけど、ニットはチクチクするくらいのほうが、むしろニットらしいし、自然だと思う。

これからの時期に中に着るなら、ある程度密に編まれたものを選ぶ。特に『柄』があるもので甘く編まれた物は、着るときに爪を糸に引っかけやすく、内側に糸が引っ張られると柄が潰れて無くなってしまうので。

ウール100であれば毛玉に悩まされる事も無く、表面の『産毛』が無くなって来たころからの 色の出具合も格別です。

c0199401_1619157.jpg
c0199401_1619367.jpg
c0199401_16195971.jpg


ニット製品は、どうしても着ていくうちに伸びます。その為、やや袖丈・着丈を短めに設定しています。上の写真は、サンプルで製作したものと 納品されたばかりの新品を重ねたもの(下がサンプル)。 
バイヤー様の試着や、撮影で着ていただいたり、僕自身も何度も着てチェックしたり、ハンガーにかけてみたり・・

そういったことを繰り返すうちに、写真で確認いただける位は伸びます(1~2センチ)。勿論、しっかりと編まれたニットですので、すぐには伸びませんし ダルダルな感じにはなりません。

ですので、『小さくない程度のジャストサイズ』で選ばれる事をお勧めします。1日着ているとだいぶ馴染みます。

着用した感じはこちらでご確認を。(身長173センチ 62キロの男性が、中に1枚シャツを着てMサイズのニットを着ています。)
c0199401_16344225.jpg


分かる人には分かる『海・山・陸』の競演デザイン(笑)

とても限られた取扱店様へ、発送いたします。










 
[PR]
by tatamize66 | 2012-10-20 16:36
←menuへ