work cap

c0199401_16203677.jpg

定番のワークキャップが入荷しました。 秋冬仕様です。

『デザインの為ではないデザイン』 そこから生まれる、なんともオリジナリティにあふれた表情が好きです。

多くのワークウエアやミリタリー、ユニホームウエアに見られる、着る人に合わせるのではなく『合理性と機能性』を満たすために考えられた一枚。狙っていないバランスだからこそ、身につけた時の そのバランスの面白さが魅力なのです。

tatamizeでは、シルエットに拘ったパターンを使うこともあります。ですが、このワークキャップのように 身につけた時のバランスの面白さを作り出すために、あえて『良い形』に仕上げないものもあります。
c0199401_16532683.jpg

c0199401_1654072.jpg


このワークキャップは、四枚接ぎでブリム(つば)とトップが一体化した形です。
トップとブリムを一体化させることで、生産性を高めています。更に左右のパーツを一気に巻き縫い(商品は折伏せ)したり、仕上げにグルリ一周パインピング処理で仕上げるなど、非常に簡素に作られています。

室内用のワークキャップですので、風で飛ぶことはないので、ある程度の頭のサイズに合わせられるように、Mサイズはやや大きめに作られています。洗って縮ませることも出来ます。 対してSサイズは小さめです。サイズを細かく作らず、大きく『男女』で使い分けられるように。

後ろにループが縫い付けてありますので、フック掛けや作業服と一緒にハンガー掛けしてロッカーに。
また、まとめて洗う事を想定し、硬い芯地も入れておりません。硬い芯地では擦れて生地も直ぐに痛みますし、何より作業工程が増えて効率が悪いです。


僕がもし、ファッションとしてではなく、本当に『ワークキャップ』を任せられたら どうゆうものを作るのか? そこから作ったのがこのキャップです。

かぶった時の独特の表情は、既にお持ちの方ならご存知のように、なんともクセになる一枚。

まだの方は是非お試しを。

c0199401_1654556.jpg

#ブラック。ブラックといっても 真っ黒ではございません。チャコールグレーと言ったほうがしっくりくるかも。
黒い帽子って、当たり前な感じですが 改めて良いなぁと思います。

c0199401_16593251.jpg

c0199401_170439.jpg

#黄色チェック
c0199401_1705499.jpg
c0199401_1711883.jpg

#赤チェック

新色のチェックは、どちらも固めのザラッとしたラグのような素材感。 この生地感と、渋めのくすんだオンブレイチェックが気に入っています。
暗く、単調になりがちなこれからの季節のコーディネイトに良いですね。

c0199401_175086.jpg


取扱店に納品されました。
[PR]
by tatamize66 | 2012-10-08 16:58
←menuへ