Gardeners Coat

B.W.C store は神戸にあります。

営業は不定期。扱いたい『物』 繫がりたい『人』 提案したい『事』 を集めたショップ。ショップというよりも 頭の中の構想を具現化した 1つの箱(あくまでも僕の印象ですが)といった感じでしょうか。

その活動は、実店舗に留まらず、現在 大阪e-maで行われている催事 『COMMUNITY STORE』など

移動型 期間限定 不定期ショップという 過去に類を見ない形で 活動されています。 僕も実の所 その実態 という物を よく理解できていないのかもしれません。多分それは 過去に類を見ないだけではなく、常に新しく進化して行っているからなのだと思いますが。


TATAMIZEの取扱店である 大阪のWalls&BlidgesとB.W.C storeが 2ヶ月に一度行っている 『リミテッドショップ』。 そこでTATAMIZEに触れていただいたのがきっかけでした。



『昔のガーデナーが着ていた様な 『ガーデニングウエア』というものを作ってほしい』 という依頼。

僕自身、ガーデニングの経験はありませんし、そもそも『ガーデナー』自体が想像できませんでした。ですが

色々と資料や、思いをうかがうにつれ 一つTATAMIZEとして イレギュラーではありますが 『この依頼に対して答えを出してみたい』 という気持ちになりました。


通常のTATAMIZEでは シーズンのコレクションや定番商品を展示会ベースで展開しています。

もう一つのライン Coarse Court は 不定期に新作をリリースしていく 僕が自分で作っているラインです。



今回の『ガーデナーズ コート』は そのどちらでもなく、あくまでTATAMIZEというよりも『僕』が お題に対しての答えと 生産を請け負った一枚。

『B.W.C のガーデナーコートは TATAMIZEが作っています』という 言い方が一番近いでしょうか。 まぁ そういった事です。


*B.W.C store では、期間限定ショップやWalls&Blidgesとのリミテッドショップ等で 一時的にTATAMIZEの販売をしていただく事はございますが、常時展開していただいている訳ではございません。不定期であり 期間限定で 様々な形の 様々な物を提案していく 移動遊園地のようなスタイルに共感し、イレギュラーな展開でありますが TATAMIZEもご協力させていただいております。 









やや、オーバーサイズ気味に着ていただくことを想定したシルエット。

いただいたイメージの中に、『着る人に合わせたラインではなく、着こなして欲しい』というのがあり、まさに そういった一枚です。

落ちた肩、合わせは リボンで縛る仕様。 色々と 結び方を変え事で シルエットも変えられます。

素材は、綿麻。 染めは手染めによるもので、独特のムラ感が非常に良いです。 現在COMMUNITY STOREにて ご覧いただけます。



c0199401_1724818.jpgc0199401_17243487.jpg


c0199401_17245731.jpgc0199401_17251623.jpg


c0199401_1782229.jpgc0199401_1784035.jpg
[PR]
by tatamize66 | 2011-06-28 17:15
←menuへ