c0199401_15462767.jpg
c0199401_15465975.jpg

[PR]
# by tatamize66 | 2009-07-17 15:53 | Comments(0)

構想は

一つのアイディアからスタートし

いくつかの『出来事』を経て  必ずどこかに着地 する。 多分。

出来上がったものからは もしかすると そんな残像も 見える?


物作りの ストーリーって  こんな感じで伝えられたら 素敵なのかも。


だいぶ コジツケ気味に ご紹介いたします 夏ばて間近の方に  暖かく せつな的な 数分間のストーリー。  お疲れ様です


[PR]
# by tatamize66 | 2009-07-14 09:21 | Comments(0)

『私事ですが 』 って なんで 最初に付けたりするんでしょう?

誰か 怒る人でもいるの?  でしょうか。 いきなりの 『私事』に対して。


■8月1日~6日 は 夏期休暇 を頂きます■


↑ この場合、 『仕事』を休むという事なので 『私事』では無いのかな?

休み中に どこかに行ったり そうゆう『中身の話』は 私事 なのか。



とにかく お休みいたします。
[PR]
# by tatamize66 | 2009-07-12 15:03 | Comments(0)


[PR]
# by tatamize66 | 2009-07-01 09:51 | Comments(0)


BLOGの更新とか

『してる場合 なの?』と 自分で言ってみるんですけど

何の変化も無く 凍ったままの 画面では、毎日訪ねて来ていただいてる皆様に

あまりに 申し訳なく

BLOGの更新は 仕事のようで そうでない部分の表現の一つのような気がしていて やはりTATAMIZEとして 

それが 無いと なにか足りない気がします。 と 思う。

ので どうでも良い内容ですが 良かったら。

10年
[PR]
# by tatamize66 | 2009-06-03 21:08 | Comments(2)

アステアの 魔法の靴が鳴る。

タタタタ・・・タタ・タ
[PR]
# by tatamize66 | 2009-05-11 21:14 | Comments(0)

『オリジナルな 物作りより オリジナリティーが見える 物作りが 求められているんですよ。オリジナルより(ティー)の部分が大事 』と

僕がまだ 二十歳そこそこの頃 

『東コレ』のダイジェストを送る番組にて 『YAMAMOTO YOUJI』 が 言っていた。 確か・・・。


今あるものの全てに『オリジナル』があって、その上に作られる物が『オリジナリティー』。
ベースを 削ぎ落としたり、付け足したりしながら 『オリジナリティー』を 構築していく。 そんな感じだった?


その時や 今も尚の僕が思う その『言葉』の捉え方としては

『オリジナリティーが見える』という事は 逆に言うと『オリジナルの部分も ちゃんと見える着地の物』 そのバランスがキチンと取れていて かつ『らしい』物作りが大事 

という 僕なりの解釈のもと その言葉に 非常に『共感』しました。 ホントは 『    そうゆう事じゃないよ』だったかもしれないんだけど・・・・・。


僕らのベースは、昔から揺るがない物。

古典的なシャツ ジャケット パンツ・・・・ナドナド そしてビンテージウエア。

『レプリカ』ではなく、だけど『要素』として どの程度どこを残して どこを削ぐのか。

新たに 何を持ってきて どう当てはめていくのか 

机の上のデータではなく、『感覚』

『オリジナル』の素晴らしさを知る事の先に 『感覚』が求められる。

着地として 『色』はそれぞれだけど それはカテゴライズされているであろう『枠』の外

『唯一』みたいに 語られるブランドであっても 共有する『オリジナル』な部分は 垣間見える。 絶妙に添えられた パーツや仕様に それは残されている。 共有する者の為に密かに残された 『暗号』のように・・・・・それは大袈裟だけれど。


↑のような事 『デザイナー』と名乗る人が見えるブランドの 『物作り』は どうゆう事なのか? という これも僕なりの解釈だけれど

『デザイン』というのは 『アート』とは違っていて、自分以外の第3者的目線から見て 『共感』される物作りを
していく事。

『変わらない物』は 世の中に無くちゃいけない物として 沢山あるんだけど

常に 少しだけでも新しい感覚というか 空気を送り込むような。循環する ようなものが『デザイン』で 少なからず それを生業とする者が『デザイナー』だ。 と思う。 それは もしかしたら洋服以外のデザイナーの方が より『その事』において 必要とされているかもしれません。


『オリジナル』の良さは 『オリジナル』が変わらず そこにある事が大切で

だけど、それの『伝え方』として 新鮮な『何か』を含ませたデザインがいつも新しくある事も 大切。


『流行』というほど 一時的な『流れ』は 今は求められていないだろうし 一時的なものを作ろうとするブランドも少ない。 と思う。

『ベーシック』を 作っていく為に、常に緩やかに変わっていく。


ある種 物作りにおけるマニュアルが構築されてきた『今』も尚 

少しづつ『変化』し続けるブランドの存在と 本当の『ド定番』というものが より一層見えてくる


求められていく。 そんな気がします。
 
[PR]
# by tatamize66 | 2009-05-11 19:28 | Comments(0)


c0199401_20395786.jpg


 ご報告 


『生まれました』。
[PR]
←menuへ