<   2016年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

c0199401_2043148.jpg

c0199401_20442427.jpg
c0199401_20444933.jpg
c0199401_2045410.jpg


クルーネックのウールのシャツです。ちなみにwool100%。良い素材だなって 思います。

カットソーとかニットじゃなくて こうゆうシンプルなシャツ。ウールの素材感が何気なく主張していて、そこが良い。
ニットと同じくらい、温かいし 暖かい。

先日ご紹介したボートネックシャツと同じく ワザとらしくなく特徴的な袖。

ネックは、狭めですので 1つないしは2つボタンをはずして着るのがイイ感じだと思います。 ボタンって、ちゃんとしめて着るだけが正解じゃないですよね。 体系に100%フィットしていないからこそ、着方を考える。インポートや古着。日本製を着てこなかったですから、マイナスをプラスに変える嗜好が染みついています。

お店に入って、アウターを脱いで着席した後の姿もイメージする。
秋冬は、それが楽しめる。良い季節ですよね。
[PR]
c0199401_719784.jpg
c0199401_7214126.jpg

c0199401_722885.jpg
c0199401_7222741.jpg

c0199401_7241894.jpg


ダブルブレストのシャツジャケット。イイですね~この感じ。太畝。ちなみにオリーブとブラックの2色。オリーブは写真で見るよりももっとグリーンです。

初めてご紹介する商品ですが、実は展示会では2シーズン目。僕は相当好きなアイテムですが「どうやって着ようか?」悩むのかな。 まぁ それ悩まれちゃうと なんとも言いようがない。

こうゆうのは「おっ!これ着てみたいな!あったら何かよさそう。新しい雰囲気で出かけられそう!」って思わせてくれるからいいわけだし

「どうやって合わせたらいいんですか?」って言われて そこに答えたとしても、「いや、それだけが正解なわけじゃなくてね・・・」ってなる。どうぞ、ご自由に楽しんでいただきたい訳です。
「太畝でフランスのワークウエア的なデザインの・・・・」なんて、説明書みたいなのはいらなくて、サッと バサッて 着てほしい。

鏡に映る姿だけじゃなくて、これを着て バックをもってシューズを履いて どこかの場所の 何かの瞬間になった自分を俯瞰でイメージできると良いですよね。

パンツのシルエットによっても色々。今日はどこの雰囲気にもっていこうか。 そうゆうのが、楽しいですね。
[PR]
c0199401_13544388.jpg

事務所で使っている 藤城成貴さんデザインの リベットランプ。有名なので、お揃いの方もいるかも?
紙みたいな素材。シンプルだし、唯一無二。手数じゃなく、なんかこう・・・えも言われぬ感じで イイよね。
こんな風に思えるものを作りたいですね。

c0199401_13545419.jpg
c0199401_1355687.jpg

さて、実は2シーズン目のこちら。ボートネックシャツ。
ボートネックのシャツだなんて、珍しくないでしょ。有名なブランドも、色々あるし
「うちが作らなくても 誰かが作るでしょ?」って物は あんまり作らないようにしています。だから、このボートネックシャツも「作らないとないな!」という一枚なのですが これがまた 伝わりにくい・・・・。

例えば、ポケット付きボートネックです!とか 単純に何か足してるデザインだったら わかりやすいと思うのですが、このシャツはシルエットがデザイン。それも、単に「ゆったり目です!」みたいな わかりやすさじゃない。

まず、気になったらすぐ着てみることをお勧めします。それで思ったことが正しい。
でも、一つだけ付け加えたいのは袖のライン。 これ、2枚袖になっていて 接ぎ目が袖の中心に入ってるんです。

なだらかにカーブしていて 丁度、肘くらいにボリュームがあって 袖に向かって キュっと細くなるような。そうゆう袖なんです。 ワザとらしくない程度に。

例えば、コンビニとかで レジに並んでいる時 前の人がこんなラインの服着てたら ちょっと気になるな。普通だけど、なんか雰囲気ある服だな って思うようなラインの服です。僕にとっては。でも、それぞれ感じ方は違うでしょうけど。

c0199401_13564927.jpg

c0199401_14103590.jpg


c0199401_13584622.jpg

素材は、ざらっとしたコットン。
洗うとキュッと縮んで、乾燥機に入れればギュ―っと縮む セントジェームスとかと同じです。

色は5色あります。僕はブラックと生成りがおすすめです。これは、大人向けのカットソーだな。

じっくりと 作り続けたいと思える1枚になりました。
[PR]
c0199401_9174950.jpg

エイジングなんて言葉はいつから言う様になったんだろう。そもそも、今も使うのかな?
僕がBEAMS仙台店の販売員だったのは18~9年位前。洋服が売れていた時代。洋服を売ろうなんて、思っていなかったけど売れていた ある意味嫌な いい時代を経験しています。
二十歳くらいの子がこのブログを見ているなんてことが万が一あったなら、君が生まれた頃は 洋服屋のショッピングバックが欲しくて買い物する時代だったんだよ~って 言いたい世代。そうゆう事 言いたい世代だけど どうしようか顔色うかがって迷う世代だ。

それは、どうでも良いけれど エイジングなんてその頃言ってなかったな。味が出るとか デニムだったら縦落ちとか・・・・。
思い出したけど、その世代の本当に古着が好きな人は、わざわざデニムの話はしなかった。
古着が好きな人は、必要以上にそれを話したがる。「知ってるよ」みたいにね。
僕らとしては、ビンテージ=デニム の人は「嗚呼 通じゃないんだな・・・」って思っていた。 その名残もあって、僕はデニムをあまり履かなくて、今となっては 履きたくても見慣れないから 履かない・・・・・となってしまった。

ところで、「通」って言葉はいい。読んで字のごとく 正しく「通った」ってことだ。センスのないマニア・オタクとは違う 奥ゆかしさがある。
c0199401_9333072.jpg

c0199401_9335748.jpg

c0199401_9342920.jpg


うちの商品。ボックスポケットパンツ。その、シャンブレー。私物。50年代のオーバーオール的な厚みの生地感。綿麻。ハイウエスト。細かく落とし込んだディティールも、後から効いてくる。
1回はいたら 1回洗う。
子供の頃、ガンプラのジオラマでも わざと「汚し」を入れてた感覚なのかな。
はたまた、なんだって「塗装済み」のものより 未塗装のベージュに価値がある。そうゆう世代なんだろうか。

そもそも、このパンツのデザインが良いよね。
だけどあんまり、評価は良くないんだけどね。残念。
[PR]
c0199401_1211378.jpg


自分のところの商品。ブログやSNSで そうゆうのの紹介ばかりだと 毎日見るは見るけど 見て「へー」って思うだけになってきちゃった。慣れちゃった。
その中でもインスタグラムは、プライベート感があってイイんだそうだ。
やってないから、よくわからないけど、僕もやったら きっと楽しいはず。 でも多分すぐ慣れるんだろうな。

物の情報には すぐ慣れる。必要な物は、紹介されるよりも 探す方が早いのかも。 その物に向かって最短で進める時代だし。
でも「欲しい!」って思う物には、その物自体に当然良さがあるんだけれど、それを勧めてくれた人が誰かってことが きっと本当に大きい。まぁこれも、みんなよく言う事なんだけど。

日々配信される諸々の中からも その人の人柄みたいなものがにじみ出たり イメージさせられる。そうゆう人が勧めてくれるものって 興味ある。結局、毎日届く情報は多いけれど、楽しみなのはそうゆう人の配信したものだけだしね。

Barnshelfさんで ご紹介されていた積み木。うちの子も遊んでます。ありがとうございます!
そうそう、確かに美味しそうですよね・・わかります(笑)

小前さんが取り扱う物には 興味ある。絶対に、イイよね。

http://barnshelf.com/blog/2016/10/-kg.html
[PR]
c0199401_10233195.jpg
c0199401_10234276.jpg

今日は、なんて清々しい天気なんだ。
[PR]
c0199401_6452438.jpg
c0199401_6453890.jpg

うちの事務所に来たことがある人は見たことがある(当たり前だけど)僕の机。言い換えれば「デスク」だ!
ちなみに事務所というより【アトリエ】といった方が、メルヘンな気がしているので 僕を「デザイナーだ!」と思ってくれそうな距離感の人には【アトリエ】って言っている。どうでもいい話。

TATAMIZEを始めた時は、自宅で制作していた。13年位前。自宅の一部屋。6畳の一間だった。ちなみに、畳の部屋だった。
その後、同じマンションで少しだけ広い部屋に引っ越した。長男が生まれて間もなくの事。
そこも6畳だった。そこも畳の部屋だったけど、自分でフローリングにした。
毎日 早朝から夜遅くまで仕事した。洋服を作った。自宅だったからいつだって仕事ができたし、その頃は何か怒っていた。毎日何かに 怒っていたんだ。

その後、2011年。その頃には工場生産も始まっていて 在庫の部分とか環境も含めて「そろそろ事務所が別にないとな・・」と思っていたタイミングで震災があって そのマンションには住めなくなって、でも幸運にもオンザアースさんの【1店舗目】の場所を貸してもらえることになった。それが2011年の終わるころ。

今の事務所には、2014年からお世話になっている。定禅寺通りに面した メディアテイクよりも少し市民会館よりの 1階に焼き鳥屋と和食やとラーメン屋が入ったマンションの一部屋。
この部屋だけは事務所として貸していて、1階から上は普通に住んでいる人がいる。まぁマンションだからね、住んでいる方が普通なんだけど。 大家さんが凄くいい人で、簡単に人を入れない。 大家さんが気に入った人じゃないと入居できないんだ。それって普通なんだけどね、でもあまりない事かも。僕にとっては、そうゆう場所だから居心地がいいんだ。

ここ数日、毎日ブログを更新している。ここ数年は写真とちょっとした文章を 月に1~2個だけだったから、一応なかなか「変化」だ。
自宅に事務所があったときは、ものすごい熱量でブログを更新していた。何かに怒っていたから。

その頃は、ネットショップやブログが一つの仕事として確立してきたころで「文章と写真」それで見えない誰かに提案するんだけれど、その多くが「コピー&ペースト」ばっかりで 「こいつら洋服好き語ってるくせに、結局何にも自分の言葉で提案できないんだな」と思っていた。写真からも、洋服に対しての愛情が感じられなかったし、ブランドのバナー張って【良い品揃えてまっせ!】はいいんだけど・・・・何だか自分が通ってきた洋服の楽しさとかが、全く無視されて 誰だって洋服通みたいな顔できるようになったし、簡単に「これは本当にいい物です!」とか言ったり(書いたり)して どうにも胡散臭い状況ばかりが目に入ってきていた。

だから、僕は自分でデザインして 自分で縫製して 自分の言葉で表現して提案したいと思っていた。そうゆう意味で、怒っていたんだ。

だけど、その熱量の部分ばかり「いいですね!」って言われるようになって 僕が本当に洋服としてみてほしい部分は見てもらえていないような気がしてきたのが 工場生産が始まったころから。
結局、言葉が直感に勝ってしまう。説明を求められる。
説明しようとすれば いくらでも言葉はあるけど、それを言うと そのまま伝言ゲームみたいに伝えてしまうのかな?というのが とても不安で、いつからか 具体的な事は書かなくなった。どうぞご勝手に、思うようにとらえてください。と、思っていた。

それから、何年か過ぎて 最近はまた怒ってきた。まぁ 僕が一人で怒ってたってどうなるわけでもないんだし、毎日イライラして暴れているわけでもない。文章とは違って、会えば意外とソフトで なかなか普通の人間だ(これは未だによく言われる事だけど・・)
でも、思うことがある。 毎日は難しいけど、この何とも古いモニターに向かって パタパタと何か書く意味も まだあるかもしれない。 
[PR]

[]

c0199401_91826.jpg

10月17日、仙台は朝 雨でした。
今朝撮った写真を見てみたら、自作のラックがやけに曲がっていた。ゆがんでいた。こうゆうの気になる人は ホントごめんなさい。
午前5時くらいには事務所に向かうので、一日に天候が3回くらいは変わる。出勤時は雨、仕事中は曇り、帰宅時はとてつもなく大きな満月。そうゆう事がある。 自宅を仙台の貝ヶ森に移してから 中心地と気温差が2℃はあると感じている。多分これは、気のせいだけじゃなく 本当にそのくらい違う。今自宅の近所は 紅葉が綺麗だ。

自転車で通っている。行きは坂道下りなので、15分くらいで行ける。帰りは登りで25分くらいは掛かる。歩いたら、45分くらい。
仙台は坂道が多い。地元岩手と、それから秋田に住んだ経験がある。それと山形にも割と遊びに行くけど、坂道感は仙台がダントツだ。東北はデカいから、山とか海とか 住んでる場所によっては相当遠い。けど、宮城は近い。外遊びに行きやすい。そうゆう土地なんだ。

最近毎日着ているうちのジャケット。自転車に乗って傘をさしてはいけません。厳しく取り締まりが始まってから、本当にそうゆう人を見なくなった。

ウールのジャケットに限らず、少々の雨だったら傘を差さないようになった。家に帰るだけとか、事務所に行くだけだったらすぐ着替えられるし。怒られるのは嫌だしね。
今日も、雨具はなく、そのまま自転車で来た。

こうやって、雨にさらされたり、それで乾いたりして 何となく表情が変わる。ウールなら丸くなる。ステッチとかシームが埋もれてくし、裏地が釣ったりもする。
そうやって、買った時とは違ってくる。ワザとではないけど、自分の生活と共に 身に着けるものの表情が変わっていく。そうゆうのが自然だから、最初から、表情が決めつけられているものが嫌いだ。つまらないから

もちろん、皺になったり そうゆうのが嫌だから 雨の日を避けたり、きちんとクリーニングに出して保つのも、その人の付き合い方。
個性というほど大袈裟感のない話だけど、洋服の扱い方 接し方には その人の人柄が垣間見えたりする。そうでありたいという願望かもしれないし、もしくはその人の本質かもしれない。

そう考えていて、その事とリンクするようなしないような所の話ですが 当たり前のこととして洋服、或いは装いは、自分自身が見ている時間よりも 圧倒的に他人が見ている時間の方が多いという事を ブランドを始めてからずっと考えています。
自分が洋服を着た姿は、朝出かける時とか 洗面所とか 町の大きなガラスに映ったときとか そうゆう時にしか見ない。でも、他人はよく見ている。360度。その人の素の顔で 素の姿の場面を、よく見ている。しかも じっくりとじゃなく、何となく パッと見っている。
パッと見た印象なんだ。自意識過剰で、自分が思っているように他人も思っていると思っている そうゆう洋服の提案ばかりだけど、そうじゃない。僕も、「自己満足がいいよね!」って言えればいいのですが・・・。

よく聞かれる質問として「どうゆうところからデザインしているんですか?」なのですが、それってよくわかりません。ですが、絶対的に 自分が着ているというよりも、誰かが着ている姿をイメージしてデザインしています。
肩のライン、見頃のドレープも 鏡の前では 残念ながら見られないかもしれないけど、誰かが見たら何かイイって思える洋服を作りたい。ディティールに入れ込むのじゃなく(そうゆうのも必要だけれど)、パッと誰かの目線で見た時に なんかイイと思えるものを作りたいんだな と思うのですが、日々SNSで流れ込むのは写真だからね。基本君から見た君をお届けしてくれているわけだし。楽しいんだけれど、金は生むらしいけど洋服の楽しみ方は一つ減ったのかも。いや、そうじゃなくてきっかけというか入口が広がった! なら、それでイイ訳だけれど。

僕は、先週39歳になった訳ですが、いつの時代も【昔はよかった論】が盛り上がり続けるのは、【今】よりはいつだって自分の目で見たり触ったりしないと興奮できなかったから。やや、今よりはメンドクサイよね。そのほうがリアルと言いたい気持ちは いつの時代もある。
色々と、少なかったからという人もいるけど、数は変わらないかも。「そうでもないもの」も表に出やすくなっただけでね。
【便利】。そうゆうのはいくらでも簡単にすり替えられて、止まらず終わりがないんだろうなと思います。
ヴァーチャルリアリティーで子供に読み聞かせとかね。へんなゴーグルとヘッドフォンでね。まるで【グリとグラ】とかせなけいこさんの絵本の中に入り込んだような!あなたが子供のころに思い描いたような世界をあなたの子供たちに!みたいな切り口で なにか小さな世界に閉じ込めて価値観を入れ込むんだよ。でも、親が真面(まとも)だったら まずまともな子供のなるんだけどね。

それでいいというより、それが多数なんだったら、僕はそうゆうの自分の目で見て洋服作るだけだよ。
電車とか、飯食う待ち時間とか 小さい電話みたいなやつ観てる人を見て 洋服をデザインしている。

いや、それはないな。
[PR]
c0199401_975948.jpg
c0199401_981392.jpg

tehu tehuさんのハンティングジャケット。1stモデルです。私物です。
ご存知の方も多いかと思いますが、tehutehuは蝶屋さんで 蝶々の標本を作っているブランドです。
当然、採集も自身で行ってまして、その採集の際に着るウエアとして ハンティングジャケットを作っています。
動物を捕まえる時の洋服は、数多くありますが 蝶々採集のための洋服は今までになかった。なので、この世の中で 初めて蝶々採集用のウエアを作ったブランドとも言えます。

このジャケットは、まったくの道具だと思います。
ジャケットに目的があって、実際使われている。見せるためのディティールじゃなくて使うためのディティール。
ストーリーが後付けじゃない所に非常に価値がある。
フィールドで使っている。これを着て 蝶を追いかけている。標本を作っている。蝶が大好きなんだな。
こんなにも正統派なハンティングジャケットを 今の世の中で 道具として作っているのは素晴らしい事だと思う。
tehutehuのハンティングジャケットはそれでいて佇まいが素晴らしい。ファッションに負けない存在感があるのに、共存できる万能なジャケット、このジャケットは、まさにオリジナルだ!



c0199401_984426.jpg
c0199401_985434.jpg

こちらもお馴染みのHINSON。

ハンティングジャケットは 簡単に言うとアパレルのブランドとして「ネタ」が多い。 「どうだ、凄く手間がかかっているだろ!」って言えそうなネタが 過去のアーカイブには満載だ。
ただ、昔にハンティングウエアを作っていたメーカーは、やたらとポケットをたくさんつけただけじゃなく、機能的ということと合理的ということの対極にある問題のバランスを常に意識しながら 自社のハンティングウエアを作っていたはず。
作り手目線でそれらの道具を見た時、その事がよくわかる。ハンティングウエアを作るには まず機能を盛り込んで かつ合理的に縫製していけるパターンと 縫製手順をよく理解することが必要で その上に必然的であり偶然的なデザインが乗っかっているからこそ 完成するものだと思う。 

そのままサンプリングしたり、切ったり張ったりするだけじゃ 古い物には敵わない。もっと深い物なんだ。

c0199401_991679.jpg
c0199401_99285.jpg
c0199401_993833.jpg

手前みそですが、TATAMIZEのハンティングジャケット。

過去には、相当手数の多いハンティングジャケットを作っていましたが、今僕が作ったのはこの一枚。
何かの引用なディティールではなく そもそもディティールというよりもバランスや シルエットに執着して作りました。
袖や見頃は ややたっぷり目。だけれど袖口・裾への萎み具合が ググッと丸く ワザとらしくなく引いている。
フラップの ボタンホールの位置。襟のライン。ステッチを入れず 袖側に倒された袖付け。
細かく細かく、表情をつけている。
c0199401_113876.jpg

ポケットに手を入れた時の 胸ポケットのフラップの跳ね具合。襟から肩のライン。袖山のギャザーの様によった皺。偶然的な物を ワザとらしくなくデザインとしてパターンに入れ込む。
こうゆうのは伝わらない。ディティールが凝っていないと、緩い球を投げたと思われるけど、全然違う。

最近のテーマとして、着る人よりも その人を見た人が「何かいいな」と魅力を感じる一枚を作りたい。だから、本人には鏡で見える自分しか見えないんだけど、周りの人には何か伝わる。
まぁ そうゆうのって 着る側にはとても伝わりにくいってことなんだけど。だから、着てる人を見たら 着たくなる一枚だと思います。
[PR]
c0199401_11272978.jpg
c0199401_11274294.jpg
c0199401_11275369.jpg

ネックがスクエアになっている。ここが良いんですよ。
シャツの収まりが良くて スッと決まるし、見た目もちょっとユニークだし。でも、やりすぎてワザとらしくもないし
こうゆうデザインは、誰かに先こされると物凄く悔しいので、自分とこでやれて本当に嬉しい。
地味に毎年やってるんだけど、必ず毎年着てて 毎年好きです。

日本製って、大抵のものが良すぎる。完璧に上手い物 旨い物 美味い物 が多い。
食べ物・飲み物・音楽もそう 洋服もそうだ。隙が無い。確かに良いもので、確かにウマい。みんな目や耳や舌が肥えてて 一番が混戦している。

でも、だからこそ 何か他をスッと引き立てるような そんな存在の物が必要だと思う。ないと困る。
一番と一番を組み合わせると くどい。なんか不味い。 豪華だけど、意外とそこには深みがない。

c0199401_1128469.jpg
c0199401_11281627.jpg
c0199401_11282726.jpg


これはこれとして、色々と話は尽きない1枚ですが、まず他のなにかと組み合わせて生きるのがこのベスト。
塩麹とか 醤のような存在。 一度口にしたら、何にでも合っちゃって 手放せないんだよ。
[PR]
←menuへ