<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0199401_100672.jpg
c0199401_100173.jpg
c0199401_100241.jpg
c0199401_10034100.jpg
c0199401_1004493.jpg
c0199401_100536.jpg
c0199401_101744.jpg
c0199401_1011661.jpg
c0199401_1013319.jpg
c0199401_1015581.jpg


「STANDARD」と言ったほうが、耳ざわりが好いですね。マガジンハウス風に。

あつらえ物の「STANDARD」を紹介して、共感しあうお洒落感に加え ちゃんと『信頼できる物を選びたい』のですよね。文章だけではなく 感覚としてのお洒落感として。











c0199401_1052146.jpg


FLIP CHINOは6年作っています。僕が縫っていた時から考えたら8年くらいになりますね。

アパレルにおいて ずっと同じ物を作るのは難しいのです。まず、店頭で同じものを売り続けるのは難しいし、工場がずっと同じ条件で作ってくれるという事も なかなか無い事です。

ずっと着られる物や、STANDARDと言う物を提案したいと言ってみても、同じものを同じ価格で 毎年同じように提案し続けるのは 出来るようで出来ないのです。

そんな事は いつも思っていて、だからこそ作っておきたいな と思い、今期FLIP CHINOの素材を変えました。
まったくのオリジナルデザインであり、主張しすぎる事も無く、細部の仕様にも手が込んでいて 何よりシルエットが秀逸。

しばらく履いていなかったFLIP CHINOですが、また自分のSTANDARDとして 3色揃えてみたいと思います。 

シルエットやディティールは変わっていません。

[PR]
c0199401_22442182.jpg

□合同展示会ent wine(エントワイン)

会場
:旧石井県令邸  (岩手県盛岡市清水町7−51)

日程
:BUYERS DAY 10・8 Thurs. - 9 Fri.
:MARKET DAY 10・10 Sat.

HP
http://entwine-tohoku.com/

合同展示会entwine/エントワインは 2015/10/8(木)・9(金)・10(土)の三日間、旧石井県令邸で開催されます。8・9日の二日間はバイヤー様向けで、10日は一般の方もご来場していただけます。皆様のお越しをお待ちしております。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

東北では初となる、衣食住にまつわるブランドが集まった合同展示会が、2015年10月、岩手県盛岡市でスタートされます。
展示会名の「entwine/エントワイン」には【絡む/絡まる】というような意味があります。建物の蔦もそうですが、展示会でモノを通して様々な人達が積極的に絡んで、新しい『縁/en』が生まれる事を最大の目的としております。
当日は、東北で物作りをされているブランドは勿論、全国各地から様々なジャンルのブランドが 合計20社参加いたします。
8-9日は、業者(バイヤー・プレス・スタイリスト・今後出展を検討されているブランド様など)向けの、いわゆる展示会ですので、一般のお客様にはご来場いただけませんが、10日は一般のお客様にもご来場いただき、出展社から直接購入可能なマーケットDAYとなり* この日は会場が 1棟丸ごと一日限定のセレクトショップへと変わります。

開催場所は、盛岡で最も古い洋館であり、歴史的建造物に指定される、旧石井県令邸。この会場をご覧頂くだけでも、来ていただく価値があるのでは無いかと思えるような 大変美しい洋館です。
皆様この機会に、ent wine そして盛岡に是非お越しいただき、この街の空気を味わっていただければと思います。

*当日クレジットカードはご利用いただけません。現金のみでの販売となります。また、ショッピングバック等は基本的にご用意しておりませんので、マイバック等のご持参をよろしくお願い致します



私たちが作る 一つの商品は、どこで見て触れても同じ色や形で たしかにその部分はまったく変わりません。
ですから、バイヤーさんが集まりやすい場所や時期に こういった展示会をやる事は 非常に理にかなっているというか、ある意味無駄が無く ビジネスに集中しやすい状態ではあると思います。
場合によって もしかすると、カタログや資料で十分判断いただけるのかもしれません。

ですが、わざわざその場所に足を運ぶ道中や空気感、耳にした言葉や口にした味 匂い、木々の色 湿度や気温の違い、 そして そこでの出会いがあるからこそ感じとれる、思い入れをもって扱える商品があるのだと思います。それはただの錯覚ではなくて、贅沢で特別な感覚が得られた瞬間が たしかにそこにはあるのだと思います。

ここ最近の流れでもあります、「ショップに足を運んで物を買うことの大事さ」僕自身は、バイヤーさんとブランドにも それと同じ感覚があるのだと思っています。 出会うという事は特別で、それを楽しむ事から共感と共有が生まれたら それこそが 特別な物事になるのだと思います。

この特別な展示会に、ぜひ足をお運びください。皆様、是非「わざわざ」来てください。







追記
[PR]
←menuへ