<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Hat

c0199401_1413819.jpg

帽子は、似合う似合わないは確かにあるけど、似合うようにかぶれる人かどうか? で大きく違ってきます。

c0199401_14132830.jpg

帽子に限らずですけど、身に付け方をちゃんとイメージできる人達に 『なんか良いね』って 面白がってもらえるようなデザイン・バランスを いつも意識しています。個性的な という意味ではなく。
ただ着たり、かぶったり、持ったり、履いたりするだけで無く、自分に似合うように身に付けられる事が重要です。


c0199401_14134767.jpg

料理でもスポーツでも、技術や知識では補えない「センス」という物があると思います。センスと言ってしまうと 非常に抽象的で なんだか壁を感じてしまいますが、ようするにどのくらい興味があるかどうか だと思います。
センスの良い悪い。似合う似合わないは イメージできるかどうかで違うんです。興味が無いものってイメージしないでしょ。当然興味があっても、誰もが同じレベルにはなりませんけど、そこはまぁ 自分が楽しめるかどうかですからね。
「着たいけど、似合わないからな・・」な時は、ほんともう少し。もう少しだけ、着た時のイメージを持つだけで似合うんです。


[PR]
c0199401_1363481.jpg
c0199401_1364513.jpg
c0199401_1365265.jpg


大阪walls&bridgesさん 別注のmountain hatです。以前ご紹介した、同店別注のwork capと同じ、ブラックのリネン地です。

存在感のあるリネンで、夏に似合う黒。mountain hat自体 ここで紹介するのは初めてですが、シンプルなデザインながら 特徴的な形は、すっきりと整頓された 夏のスタイルにこそ似合います。

[PR]
c0199401_15384395.jpg


札幌 and ordinaryさん 別注のhunting hatです。ブラックのパラフィンに テープはオフ白・黒の2色。それぞれ太さが異なります。

既に初回入荷分はsold outとなっているようですが、7月下旬~8月上旬に 最終分が少量入荷いたします。

[PR]
c0199401_922421.jpg
c0199401_9221420.jpg


盛岡 rasikuさん別注。インディゴ染めの太畝サージでwork capを製作させていただきました。

しっかりとした生地感。パーツによって変化する畝も インディゴがフェードしていってから 益々魅力となるでしょう。

[PR]
c0199401_12355185.jpg
c0199401_12355918.jpg
c0199401_12369100.jpg


岐阜 sound gardenさんに別注いただきwork capを生産いたしました。

リネン100%の千鳥格子をセレクトいただきました。

[PR]
c0199401_925478.jpg
c0199401_931314.jpg
c0199401_932931.jpg


京都 BOLTSさん のオリジナルワークキャップ。 製作させていただきました。

ワークキャップといっている以上 ディティールに理由とか意味がないと嘘になります。


[PR]
←menuへ