<   2014年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

c0199401_1195566.jpg


非常にお気に入りのコットンニットです。

お馴染みの、イタリア軍のボートネックシャツがベースです。 コットンニットは 夏以外ずっと使える万能ニットですね。しかも、きちんと洗濯方法を守れば ご自宅でも洗えます。

T-シャツなんかの上に着てもチクチクしませんし カットソーよりも、全体が雰囲気よくまとまるという・・・・まぁ良い事ずくめなコットンニットですが・・・・

実は、難点もございます。 まずは、伸びやすい。そして、着ていくうちに糸がボソボソになっていく・・・。

c0199401_11192181.jpg
 

私自身、コットンニットが好きで何枚か所有しておりますが、結構な確率でそんな状態になっております。

ですので、まず今回拘った部分は糸の太さと編地です。糸をできる限り 風合いが感じられる範囲で細く、そして満つに編んでいただく事で、型崩れと糸の毛羽立ちを押さえております。


それでもやはり、着る側の付き合い方次第で 素敵にも残念にもなるのが コットンニットです。『何でも洗濯機にただ突っ込んで、ガラガラ洗って味出して・・』みたいなのが良い場合もありますが、キチンと丁寧に付き合ったほうが喜んでくれる洋服もありますね。

そうゆうのを、ちゃんと感じとって区別できる事も センスの一つだと思います。

c0199401_1128963.jpg


肩に縫い目のない、正統派な(笑)ボートネックです。ボートネックが何故このような形状なのか 色々と言われがあるかと思いますが、私個人としては、単に量産のために縫製工程を省略した仕様だった と思うのです。

前後のパターンが一緒で 肩に角度が無ければ、前後続けてただの四角に裁断し、ネックの部分に切込みを入れて やや無理やりに前下がりを作って縫いとめれば良いだけです。

肩が真っ直ぐで角度が無いという事は、運動量が必要とされる労働着にピッタリですし、脇からまっすぐ上までですから、必然的にドロップショルダーになるわけで、つまり袖も袖山を作る必要が無く アームホールの縫い合わせがまっすぐで楽です。しかし、その分袖幅が広くなるので、当時の生地幅では足りなかったのでしょう、古いボートネックシャツの後袖に接ぎめがあるのはそのためです。

勿論、肩に縫い目のあるものや、肩の部分が重なっているもの等色々とありますが。考え方は同じ。まず直線で裁って 直線で縫うという考えです。

等々・・・非常に合理的に作られているのがボートネックシャツです。

ただ知ったように『昔ながらの・・』などと歴史を得意げに語りたがるのがアパレルの性ですが、そんなカッコいい話は無くて まったく持ってデザインの為ではない理由で作られた洋服の仕様が、時として非常に魅力のあるデザインとなっているという事が面白いと思うのです。 今回のニットはベースがあるものですが、TATAMIZEを作るうえで、意味のある仕様を考え出して、結果的にそれが洋服として独特の雰囲気を出しているもの、そういった部分は常に意識している部分です。






c0199401_11513475.jpg

c0199401_115044100.jpg

c0199401_11505453.jpg



c0199401_11522836.jpg

c0199401_11524694.jpg



c0199401_11501245.jpg

c0199401_1153435.jpg

c0199401_11535169.jpg


やはり、裾のリブが全体の雰囲気をグッと上げてくれていると思います。

いつも思う事ですが、何のイメージも無く パッと洋服を着たところで素敵になれる訳はありませんね。

着こなしは 何のジャケットには何のシャツを着るみたいな コーディネイトの事だけじゃないと思います。

どうゆう人でいたいかというか、人からどんな人だとイメージされたいか という部分も大事じゃないかなと思います。

そうゆう意味でも、このニットはイメージしやすい一枚だと思います。 まぁ 一回着てみないと分からないですけど。

[PR]
c0199401_14424269.jpg



c0199401_1443356.jpg


大町 muguet さんで。 有難うございます!
[PR]
c0199401_13334585.jpg


More
[PR]
≪opus≫ 

音楽作品なんかの事をそう言うそうです。

音楽にも色々あると思うので、全てそれに当てはまらないとは思います。まして、僕は音楽通でもないし 業界的なものとか知った風な顔もできないくらい、健全な素人です。 なので、ただの印象でしかないのかもしれませんが

例えば『~年ぶりの新曲』『~年ぶりニューアルバム』みたいに、きちんと1曲作るまでに時間をかけている。
いやいや勿論・・その間ずっとその1曲のために時間を費やしていたとは思わないし、実際1日でできたのかもしれないけれど(その1日の為の何年間だったかもしれないけど)、とにかく羨ましく思うのは、『いついつまでに 何曲ください!』って事は決まっていそうだけど、そのサイクルは決まっていないような気がするということ。

洋服は、季節のものですし、流行のあるもの とされています。確かに洋服を着る上で季節感は本当に大事で素敵な事です。
ただ、新しい気分が 新たに作られる物から生まれるものばかりであるかどうかは疑問だし そのサイクルがいつだって同じじゃないはずだって思います。

ようするに洋服だって、新しいものは必ず生まれていくけれど、
年に2回とか何回とか サイクルを決めていく必要が無い所で作られている洋服があっても良いのでは?と思うんです。

いつナニを作るか決めていない。何かを作れるタイミングで物を作って 良い物は同じものもずっと作る。でも、1回しか作らないものもある。嫌なものは出さない。でも、本当に良い物だなぁと思えたら 製品化していく。

納期も言えないし、在庫も決めていない。それじゃ卸しもできない。つまり そんなのでは飯が食っていけないから誰もやらないけど・・・・実際僕はそうやってTATAMIZEを何年も続けていたし、自分で作っていたその期間があったから未だに展示会でも 新しいものは少なくて(笑) 平気で毎年同じものを提案しています。でも、バイヤーさんにはその感じが伝わっていると思います。僕が自分で物を作ってきた中で生まれてきた物だから、簡単に 紙に書いて作ったものじゃないって理解していただいていると思います。

僕は、職人さんじゃないけれど 物を作る事が好きな人間だから、経営者としてブランドをプロデュースしていくなんて事は恐れ多くてできない。

だから、何か次に進みたい!と思ったら 同じ事を繰り返すだけ。物を作って生きていくだけです。
[PR]
しばらく更新がポツポツとしかされておりませんでした、こちらのブログ。

展示会も終わり、色々と秋冬物も入荷してきまして そろそろまたキチンと更新していこうと思っています。

振り返れば、2006年からBLOGというものをやっております(途中でお引越しもしています)。文章と写真で構成される情報なので、やはり実際会ってお話したほうが伝わるのは間違いないですね。

でも、切り取った何かを伝えたり、残したりする部分では 非常に優れたツールですね(今更なことですが・・)。

ここ数年は、BLOGで情報をこと細かく書き込んでアップする事に正直疲れていました。ブログ自体 特に必要じゃないんじゃないかな?とも思っておりました。書いた事だけが注目されるのが嫌で。 本当は洋服を着て まず『いいな~』と思っていただいた先に なんとなく読んでもらえたらいいなと思って書いた文章なので・・。

ですが、最近はまたちょっと真面目に更新していこうと思っています。

一から僕が作る 新しいブランドがスタートするので、なんかこう・・そうですね 2006年の頃に戻ったような、伝えるという事に対してキチンとしていたい気持ちでいます。

どんどん手軽なものが増えて、ブログがなんとなくローテクなツールになってきたから。こんなに便利で簡単な作業でも それなりに手間が掛かる事になっていて 人間味とかそうゆうのが感じられる物になってきているのかもしれません。


とにかく、僕はBLOGを更新していきます。 昔みたいに。
[PR]
c0199401_6482178.jpg

毎回、新しいのは少ししか出ませんが、同じものでも作り続けていると、その時その時で見え方が変わったり、アイテムとしての厚みが出るような気がしています。まぁ 伝わりにくい事ですし、そもそも気のせいかもですけど・・。
[PR]

HUNT VOL.5に秋冬物掲載していただきました。
[PR]
c0199401_8324840.jpg


日本のブランドはレベルが高いと言うかもしれませんけど、どうかな・・・・。

確かに、日本にいてアパレルにいれば 色んな方法論があるから、選んでその通りにやれば一定のレベルは得られるでしょう。売り方の方法論も、沢山あるしね。

ただ、それ以上のものは 結局何も作れてないよね。

[PR]
←menuへ