desk

c0199401_6452438.jpg
c0199401_6453890.jpg

うちの事務所に来たことがある人は見たことがある(当たり前だけど)僕の机。言い換えれば「デスク」だ!
ちなみに事務所というより【アトリエ】といった方が、メルヘンな気がしているので 僕を「デザイナーだ!」と思ってくれそうな距離感の人には【アトリエ】って言っている。どうでもいい話。

TATAMIZEを始めた時は、自宅で制作していた。13年位前。自宅の一部屋。6畳の一間だった。ちなみに、畳の部屋だった。
その後、同じマンションで少しだけ広い部屋に引っ越した。長男が生まれて間もなくの事。
そこも6畳だった。そこも畳の部屋だったけど、自分でフローリングにした。
毎日 早朝から夜遅くまで仕事した。洋服を作った。自宅だったからいつだって仕事ができたし、その頃は何か怒っていた。毎日何かに 怒っていたんだ。

その後、2011年。その頃には工場生産も始まっていて 在庫の部分とか環境も含めて「そろそろ事務所が別にないとな・・」と思っていたタイミングで震災があって そのマンションには住めなくなって、でも幸運にもオンザアースさんの【1店舗目】の場所を貸してもらえることになった。それが2011年の終わるころ。

今の事務所には、2014年からお世話になっている。定禅寺通りに面した メディアテイクよりも少し市民会館よりの 1階に焼き鳥屋と和食やとラーメン屋が入ったマンションの一部屋。
この部屋だけは事務所として貸していて、1階から上は普通に住んでいる人がいる。まぁマンションだからね、住んでいる方が普通なんだけど。 大家さんが凄くいい人で、簡単に人を入れない。 大家さんが気に入った人じゃないと入居できないんだ。それって普通なんだけどね、でもあまりない事かも。僕にとっては、そうゆう場所だから居心地がいいんだ。

ここ数日、毎日ブログを更新している。ここ数年は写真とちょっとした文章を 月に1~2個だけだったから、一応なかなか「変化」だ。
自宅に事務所があったときは、ものすごい熱量でブログを更新していた。何かに怒っていたから。

その頃は、ネットショップやブログが一つの仕事として確立してきたころで「文章と写真」それで見えない誰かに提案するんだけれど、その多くが「コピー&ペースト」ばっかりで 「こいつら洋服好き語ってるくせに、結局何にも自分の言葉で提案できないんだな」と思っていた。写真からも、洋服に対しての愛情が感じられなかったし、ブランドのバナー張って【良い品揃えてまっせ!】はいいんだけど・・・・何だか自分が通ってきた洋服の楽しさとかが、全く無視されて 誰だって洋服通みたいな顔できるようになったし、簡単に「これは本当にいい物です!」とか言ったり(書いたり)して どうにも胡散臭い状況ばかりが目に入ってきていた。

だから、僕は自分でデザインして 自分で縫製して 自分の言葉で表現して提案したいと思っていた。そうゆう意味で、怒っていたんだ。

だけど、その熱量の部分ばかり「いいですね!」って言われるようになって 僕が本当に洋服としてみてほしい部分は見てもらえていないような気がしてきたのが 工場生産が始まったころから。
結局、言葉が直感に勝ってしまう。説明を求められる。
説明しようとすれば いくらでも言葉はあるけど、それを言うと そのまま伝言ゲームみたいに伝えてしまうのかな?というのが とても不安で、いつからか 具体的な事は書かなくなった。どうぞご勝手に、思うようにとらえてください。と、思っていた。

それから、何年か過ぎて 最近はまた怒ってきた。まぁ 僕が一人で怒ってたってどうなるわけでもないんだし、毎日イライラして暴れているわけでもない。文章とは違って、会えば意外とソフトで なかなか普通の人間だ(これは未だによく言われる事だけど・・)
でも、思うことがある。 毎日は難しいけど、この何とも古いモニターに向かって パタパタと何か書く意味も まだあるかもしれない。 
[PR]
by tatamize66 | 2016-10-18 07:38 | Comments(0)
←menuへ