KNIT VEST


c0199401_754412.jpg


この春、個人的に楽しみだったのはベストなんですよね。

先日のハンティングベストもそうですし、このニットベストもそう。

特に、僕は昔からニットベスト大好きですから その分コレには結構思い入れあったりします。 いや、ホント良い。

もう毎日 大活躍中です!







c0199401_654251.jpg


古いミリタリーのニットをベースに、綿麻で仕上げたベスト。

ネックの絞まり具合とか、肩幅・身幅・着丈 アームホールの大きさ リブの長さとバランス。

拘ったというか、『このバランスでしょ』って所に着地しているかと思います。
c0199401_763984.jpg

野暮ったくなり過ぎず シンプル過ぎない仕上がり。

ニット物特有のフワっとした表情と、エッジが利いた引き締めるデザインとのバランス。

そして、アイテムを選ばず 春らしい色あい。
c0199401_76127.jpg

綿麻で、毛玉にもならず 型崩れもしにくく かつ風合いが増していく素材感もまた魅力です。
c0199401_7111869.jpg

c0199401_773566.jpg


前にも書きましたが、僕が『被り』のトップスを愛しているのには訳があって、それはコーディネイトがまとまるからなんです。

トップスとボトムスとの境がハッキリする。 縦だけじゃなく横のラインとバランスが作り易く 結果的に『まとまり』が生まれるのです。

c0199401_7752100.jpg

c0199401_793076.jpg


例えば、ジャケットのインナーとして使うと ベストで横のラインがキッチリ生まれる事で 縦のジャケットのライン、そしてボトムス・シューズへの流れが作りやすい。これは、コートなんかだとより一層感じられます。

レイヤードというと、つい『あえて』みたいな合わせとか、中の物をチラっと見せる感じとか そうゆうのばかり気を使いがちですが、実はこの縦横のバランスが大事で、誰でも当たり前に作れる縦よりも 僕は横を意識する事が大事だと思うわけです。


だから、僕は それを年中作れるニットベストが非常に好きで 僕のコーディネイトには欠かせないわけです。

c0199401_77187.jpg

c0199401_783723.jpg

c0199401_710174.jpg


そして、当然ですが インナーとして着るだけではなく、シャツ・ベストのみの合せでも気が利いた仕上がりであるように。

後ろのネックラインとアームホールはスクエアに。ちょっとした事ですが、これも前から言うように 真正面からだけではなく、後ろや横からの見た目 様々な動きでの様も気が利いている服が 良い服だと思うわけです。

c0199401_79873.jpg


セールストークではなく、年中着られます。ただただ ホントオススメです。

気になるかたは 是非取扱店でお試し下さい! 欠かせない一枚になると思いますよ。
[PR]
by tatamize66 | 2012-03-26 07:03 | Comments(0)
←menuへ