c0199401_07564656.jpg
c0199401_07573122.jpg




c0199401_07575765.jpg
c0199401_07581926.jpg
c0199401_07585981.jpg


[PR]
# by tatamize66 | 2017-09-14 08:02 | Comments(0)
c0199401_16403928.jpg
きちんとSHIRTが作れるブランドでありたいと思っています。
根も葉もないような、なめたシャツじゃなくて
ちゃんと、シャツが縫えるデザイナーでありたいと思っています。


上の写真は、先日の展示会に間に合わなかったサンプル。プルオーバーシャツのストライプ。裁断まで済ませたけど、時間の都合で縫うことができなかった。
シャツは、柄 素材 仕様と、用語が沢山ある。
展示会で鎌塚さんが「キャンスト」と言っていたのが嬉しかった。


c0199401_16410828.jpg
シャツの顔は襟だ。
シャツの襟を何となくで考えて作ってはいけない。
「何となく小さめで」「何となくクラシックな感じで」で、なめて作ったシャツはバレてるよって って言いたくなる。

襟って首周りに沿ってあるものなんだよ。
人間の体の前と後ろって、線が引いてるわけじゃないんだけど、洋服には前と後ろがあって、当たり前だけど首って ただの筒みたいなのが体から生えてるわけじゃないから、前後のラウンドも全然違うし、首の根っこから顎にかけてのラインも単純じゃない。だから、襟ってただ真っすぐの帯みたいなのが2枚付いてたら良いってわけじゃない。

シャツは、メンズ服の基本。男が着るのはブラウスじゃない、シャツなんだ。

基本的なシャツを作れるブランドでありたい。その上で、それを崩したものの面白さも提案したい。何となくとか ニュアンスとか そうゆうのだけのシャツは作らない。普通の服、でも普通の人が作ったものでは 面白くもなんともない。
c0199401_16414569.jpg
そしてどんなシャツであっても、カフスらしいカフスを付けていたい。
その割りばしの袋みたいな、細いカフス。 それもお洒落でいいんじゃないかな。



[PR]
# by tatamize66 | 2017-09-13 17:20 | Comments(0)
c0199401_10372233.jpg
2018春夏東京展が終了しました。ご来場いただきましたバイヤー、関係者の皆様 有難うございました。

今回も恵比寿にある会場をお借りしました。9月前~中半は、東京中で展示会が集中しています。とにかく大きな合同展や、行くとお洒落だと言われている合同展や、「う~ん、なんだかなぁ行かなくなりました」ってみんな言う合同展とかが 毎年決まってあるので、僕みたいな小さなブランドも コソコソ片隅でやってる訳です。理由は、バイヤーさんが東京に沢山出ているから。
いつもお世話になっているバイヤーさん達は勿論、「取引ないけど、もしかしたらタイミングさえ合えば、新規のバイヤーさんがうちの展示会にも来てくれるかも…」なんて思ってね。 
東京のお店さんならともかく、地方から毎シーズン取扱ブランドの展示会を沢山見に行かなくてはならないバイヤーさんにとって、一回の出張で数社見て回れたほうが効率がいいわけです。だから、このタイミングは東京に必ずバイヤーさんがいるらしい!ってなれば、そこに自分のブランドもはめていきたい訳ですね。そりゃそうです。疑問の余地なし。まぁ あまり余裕の感じられない、カッコイイ理由ではないけどね。

いったい何回目の展示会なんだろうか。何回展示会やったのかな。
初めての展示会は2010年の6月。2010年秋冬展示会。愛おしいそのコレクション。

:プルオーバーシャツ/白オックスフォード・ストライプ
:プルオーバーシャツウール/オリーブ・ネイビー
:フリップチノ/カーキ・ネイビー
:ボートネックシャツ/オートミール・グレー(未生産)
:ショールカラージャケット/ブラウンコーデュロイ・オリーブツイード
:ワークトラウザース/ブラウンコーデュロイ・ネイビーウール
:ステンカラーコート/ベージュ
:ウールキャップ/オリーブ・ブラウン・ブラック

今もなお展示会に並ぶ品番が多い。それから何度か回を重ねるうちに、何となくだけど今は20型くらいで落ち着いています。マインドとしては変わらないけど、今よりもぐっと緊張感のある面構えだった。その理由が 今はよくわかる。

展示会をする前。2004-2009年。それまでは、1型1型提案して自分で縫っていたから、トータルで提案するって事よりも 1着1着精魂込める事に集中した。しないと駄目だった。
生産することと、次の物を提案することを 毎月毎月繰り返していた。ブランドも、今以上に無名だなと自分自身が感じていたし(今も感じるけど、もうどうでもよくなった)もっと仕様にも拘ったもの、もっと着て楽しくなるものを提案したい けど、それを何枚も作る時間的余裕はない。ならば、1型に集中して「どうだ!」と出す。正直、それが受け入れられるかどうかわからないし、売れてそれで食っていけるかどうかも 毎回わからない。
でも、どうせなら どうせ売れるかどうか分からないなら 思いっきり作っちゃえ!それを後からある程度の枚数自分で作らなくちゃいけない事は知っているけど、それが大変なの知ってるけど、まぁそれは置いておいて 「なめんな!」って毎回提案していた。

その数年のTATAMIZEを見ていた人達。その延長線上にあった展示会。その後のTATAMIZE。

よく言われる「昔作っていたようなものが、また見たい」って。そういわれる度、何となく違和感を感じてしまって きっと自分の中でも何か変わったんだろうなと思っていました。でも、最近その答えが見えてきた。たぶん


c0199401_10381296.jpg
それは単純に、1つの物を提案するのか ハンガーに並べられた状態でトータルで提案するのかの違い。誰もがわかる、単純な違い。だけど、全然違う。自分でも気が付かないことだったけど、何をしたいのかが全然違う。トータルで自分の提案したい洋服を作る。それにあこがれて始めて、今も追いかけている。
1点の洋服を作ること、トータルで作ること。それはチャンネルが違うけど、絶対にリンクしている。
僕の頭の中は思うよりずっと複雑だ。誰かに見えているそのTATAMIZEは 僕の思うTATAMIZEとは全然違うこともある。というか、ある一つの提案を見て、その部分をTATAMIZEだと思う人もいるし、変わったという人もいる。最近は帽子のブランドだと思っている人までいる。まぁそれで構わないけど、不本意に思うこともある。

悩んではいないけど、モヤモヤしていた。でも、先日の展示会で何となく腑に落ちた気がした。僕も、バイヤーさんも。きっと。

書きたいことか沢山あって、纏まりきらないけど、少しづつ場所と物を作っていきたい。前に戻ることはなく、新しい事。もっと表現できるなら、いつだってもっとしたい。

メンズ服にとってユニセックスなんて存在し無い。
男性の服を女性が上手に着るのがユニセックスだ。
だから初めからユニセックスなメンズ服なんてない。僕が作っているのはずっとメンズ服。オカマの作った服じゃない。どうぞよろしく。




[PR]
# by tatamize66 | 2017-09-11 12:07 | Comments(0)
c0199401_15535412.png
久しぶりに動画を作りました。tirmというラインの 帽子の動画です。

少し前に、西日本へ出張に出ておりました。その際に立ち寄らせていただいたお店様もチラっと。

その出張の話は、また今度。

自分にしか作れないもの。それを作らないなら、デザイナーではないです。

作り方は、人それぞれ。考え方もそれぞれ。

洋服のブランドですが、帽子もあります。帽子は僕が縫っています。

一枚一枚丁寧に、心を込めて・・・・とか 言うつもりはありません。

僕には、プロとしての縫製技術はありません。でも、縫うという事を辞めたことはなくて

それは多分、僕にしか作れないものをデザインするという中で、とても重要な一つだからだと、思っています。








[PR]
# by tatamize66 | 2017-07-11 16:09 | Comments(0)

HP

c0199401_13161803.png
数年ぶりにHPを新しくしました。URLも変わりました。
www.tatamize.info

よろしくお願いします。




[PR]
# by tatamize66 | 2017-06-06 13:19 | Comments(0)

c0199401_08592776.jpg

札幌and ordinaryさん別注のhunting hatです。
5周年の記念として、別注いただきました。
以前も同じ企画で別注生産いたしました、軍物テントのリメイク。今回はOD。
テントにもともと施されているステッチやステンシルがランダムに残されています。


c0199401_08594252.jpg

c0199401_09202953.jpg


c0199401_08595937.jpg

c0199401_09001110.jpg

c0199401_09002034.jpg

c0199401_09003039.jpg


また、裏地はベージュのタイプライターと サックスブルーのブロードの2色ございます。数はそれぞれ違います。
c0199401_09004983.jpg

c0199401_09010379.jpg









c0199401_09125970.jpg

c0199401_09130733.jpg

c0199401_09132671.jpg

c0199401_09133557.jpg

c0199401_09134382.jpg

c0199401_09135140.jpg


c0199401_09142570.jpg

c0199401_09143915.jpg

c0199401_09145583.jpg

c0199401_09150432.jpg

c0199401_09154049.jpg

c0199401_09155034.jpg


c0199401_09022922.jpg

c0199401_09021985.jpg

本日発送いたしますので、来週には届くでしょう。イメージして取り入れてみてください。

素敵な別注、ありがとうございました。



c0199401_09011768.jpg


[PR]
# by tatamize66 | 2017-05-19 10:22 | Comments(0)
 どちらかというと、僕はブログのほうが向いてるようです。字をたくさん書けるしね。流れてかないし。
知ってる人達のやつ見るのは楽しいですね。インスタグラム。 そうそうインスタグラムの話ね。
お洒落な交友関係とか、写真集みたいなlookbookも うちには無いですから、どうしてもブランドイメージというよりは、ただの個人のネタばっかり。残念だけどね。
c0199401_21144619.jpg

新作のシャツです。プルオーバーじゃないシャツ。
ブランド始めた時から、プルオーバーのシャツばっかり作っていまいしたから、自分では新鮮です。
いつもの狭いヨーク。ワーク的じゃない、前身でえぐるアームホール。
袖口ギャザー処理。カーブしたカフス。と、いつものプルオーバーシャツと同じです。
c0199401_21150889.jpg
c0199401_21152568.jpg
違うのは勿論、プルオーバーじゃないってところ。
前立ては別布ではなく、続きの見返し。それをステッチ入れずに畳んだだけで仕上げて、ボタンホールでとめています。
だから、なんかこう前立てが浮いたような仕上がり。
そして、ボックスシルエット。ボックスってだけで「50’s感あるな~」って思います。個人的に。
だけど、オープンカラーじゃない。関係ないけど、オープンカラーでBDってのもありましたね。来年は作りたい!渋いですね。
「この襟に対して、裾がこの仕上がりがどう」とか、そうゆうルールみたいなのからくる「あえて」って ともすると蘊蓄大好きおっさんの どうでもいい気持ち悪いノリのような気がしますが、僕個人としては ここまで洋服のサイクルがスローであり続けて 尚且つ「感覚」的なファッションに傾いていくと、天邪鬼なだけかもしれないけど、洋服を着るうえで、きちんと感性から入って 色々体現したうえで 肌感覚としてのルールみたいなものをしっかり持っているほうが カッコいいんじゃないかな?と思えています。

蘊蓄が主流だと、感覚・感性が無いってのはかっこ悪いし、その逆もしかりって事ですね。ようは バランス。そうゆう意味で 洋服って流れているんですね。
c0199401_21154398.jpg
このシャツに、手持ちの軍チノか軍パン。キチンとプレスしてレザーシューズっていう、僕ら世代のベタなやり口も、マッチョな脂が抜けきった感じでなら 落ち着くかも。個人的には やっぱり今更だけどね。


このシャツもまた、先味ではわかりにくいかもしれませんが、後味が深い。
ブルーはインディゴ。このシャツの良さ 伝わると嬉しいんだけどな。







 

[PR]
# by tatamize66 | 2017-04-12 21:52 | Comments(0)
c0199401_08054818.jpg
久しぶりのご紹介になります。ダブルブレストのシャツ。
リネン100%
最近は「リネン」とか「シルク」とか、そうゆう素材の「美しさ/良さ」みたいなのに正直飽きてきていて、少し遠ざけていましたが、まぁこの素材は変わらずに わざとらしくないだろうと思う素材ですので、使っています。

c0199401_08052150.jpg

ボタンが貝ボタンに変わりました。

このシャツは、洗うとかそうゆう前に 馴染ませないといけないシャツです。
馴染ませるとよくなるシャツです。自分なりに。

要はね、今って先味ばっかりで良いんです。着てすぐいい!みたいな先味。インスタントな情報と写真。
化学調味料の味。添加物。舌先に濃くてうまい味。嚙まなくても出る旨味

そうじゃなくて、後味が良いもの。咀嚼しないと得られない味。


c0199401_08045915.jpg












[PR]
# by tatamize66 | 2017-04-11 08:26 | Comments(0)
←menuへ